休館日
月曜日(祝祭日の場合は翌日)
毎月最終火曜日
年末年始
その他展示替え期間などの臨時休館あり
開館時間
5月〜10月
午前9:00〜午後6:00(入館は5:30まで)
11月〜4月
午前9:00〜午後5:00(入館は4:30まで)

  1. HOME
  2. NEWSリリース
  3. 開催中■特別企画展 書物の在る処―中也詩集とブックデザイン

NEWSリリース

開催中■特別企画展 書物の在る処―中也詩集とブックデザイン


チラシPDF

特別企画展「書物の在る処―中也詩集とブックデザイン」

2021年7月29日(木)~2021年9月26日(日)

詩集には美しくデザインされた本が数多くあります。詩人たちは自らの作品世界を表現するために、装幀にさまざまな工夫を凝らしてきました。
中原中也の詩集『山羊の歌』『在りし日の歌』、3冊のランボー翻訳詩集もまた、高村光太郎、青山二郎、秋朱之介らといった、個性豊かな装幀家、出版人の手によってかたちづくられました。それらの佇まいには中也と装幀家それぞれの思いが映し出されています。
本展では、中也と装幀家たちとの関わりや彼らの美意識、そして大正から昭和初期に出版された詩集のブックデザインを紹介します。

監修:カニエ・ナハ(詩人、ブックデザイナー)

主催:公益財団法人山口市文化振興財団 中原中也記念館

中原中也『在りし日の歌』 装幀:青山二郎

特別企画展 特別コーナー「中也の詩集をいま作るなら……」

昭和初期に出版された中原中也の2冊の詩集『山羊の歌』と『在りし日の歌』。これらが現代に出版されるなら、どのような装幀の詩集になるでしょうか? 現代に生きる装幀家、詩人、アーティストが中也の詩の世界を新たな視点で捉え、今なお色あせることのないその魅力を、“詩集”という形によって表現します。

【参加メンバー】岡本啓(詩人)、カニエ・ナハ(詩人、ブックデザイナー)、佐野裕哉(グラフィックデザイナー)、ゾエ・シェレンバウム(アーティスト)、鈴木啓二朗(アーティスト)、秦博志(資料修復家)[50音順、敬称略]

会場:中原中也記念館

関連イベントにつきましてはこちら!
特別企画展関連イベント

・オンライン座談会「中也詩集を装幀して」

・オンラインワークショップ「青山二郎の装幀術にまなんでみる」

・ワイカムシネマ連携 本をめぐる映画特集

会期中 山口ゆめ回廊博覧会関連イベント

ゆめ散歩「中原中也記念館・学芸員と巡る湯田温泉ツアー」

山口ゆめ回廊博覧会 文学ラリー ~「あなたの好奇心駅」発 山頭火・中也・鴎外をめぐる文学の旅へ!~

戻る

フォロー
  • Follow
シェア